効果な買い物

近代的高層ビル

ここ数年で不動産市場が活況になってきました。中古ワンルームマンションで不動産投資をする人がかなり増えてきており、投資利回りは少しずつ低下してきています。築浅の優良物件を不動産会社の店頭で見かけることが少なくなってきました。資産運用をしなければ資産を殖やすことができないとわかっていても、価格が上がっていくのをみているとなかなか投資に踏み切れないものです。実物不動産の中で最も手掛けやすい中古ワンルームマンションですら1000万円程度の資金が必要ですからかなり勇気がいります。どこが高値なのか判断が付かず、難平買いをしようにも中古ワンルームマンションは投資額が大きすぎるため、気軽に難平買いをすることができません。

多少利回りが悪くても継続的に投資をしていれば、取得価格は平準化されます。現時点で気軽に、そして継続的に不動産へ投資をすることができる金融商品が1つあります。それが上場不動産投資信託です。上場不動産投資信託は1口あたりの投資額が数十万円と少額です。しかも、上場不動産投資信託は株式と同様に株式市場で売買をすることができますから、追加投資も気軽にできます。不動産市場と異なるところで投資口価格が動くこともあるので、思わぬ安値で購入をすることができたり、また過熱気味の時には一部を切り売りをしてキャピタルゲインを得ることもできます。しかも上場不動産投資信託は投資物件情報を得る太いパイプを持っているところが多いですから、自ら中古ワンルームマンションで不動産投資をするより効率的です。