不動産投資のノウハウ

沢山のお金

小口の資金でも賃貸マンションやオフィスビルへの投資が行えるのが、不動産投資信託への投資の醍醐味である。しかし投資対象を選ぶ場合には、個別の銘柄の特徴を調べたうえで、理解を深めるべきであろう。その中でもオフィスビルへの投資を中心に行う不動産投資信託であれば、景気回復に伴うオフィス需要の増加の恩恵を最大限に受けるであろう。また賃貸マンションなどの住居系の不動産投資信託であれば、比較的景気の影響を受けずに、安定した分配金を受け取ることが可能である。また最近では物流施設やヘルスケア施設への投資を行う銘柄も増えているので、投資の幅を更に広げられるであろう。したがって複数の銘柄を購入することで、安定性を重視しながら不動産投資信託への投資が行えるであろう。

不動産投資信託を購入する場合には、一人一人がじっくりと銘柄を選ぶべきである。特に安定性を重視するときには、住居系の銘柄を選ぶだけではなくて、財務体質の良い銘柄を選ぶことも重要であろう。そのために個別のREITのウェブサイトを訪問したうえで、借入金などの財務情報をチェックするのが理想的である。またオフィス系の優良銘柄を選ぶためには、入居しているテナントの質の高さに注目するべきである。特に大手企業が主要なテナントになっているREITであれば、長期的に安定した分配金がもらえるであろう。またリアルタイムで売買できるメリットを生かして、長期保有以外にも短期売買による利益の確保という投資戦略も魅力的であろう。